赤ちゃん 寝かしつけ 方法

環境を整えて添い寝してみる

初めての子育てというのは、とても迷いもあるものです。右も左もわからない状況で眠れない日々も続くことでしょう。

 

抱っこされる赤ちゃん

それでも、子供が成長していく姿を見ていけるのは、とても嬉しいものです。

親としての責任や自覚が芽生え、ともに成長できるのも、子供がいるよさでもあります。

 

生まれて間もないような乳児期では、寝かしつけるのも一苦労です。
泣いたりして寝ないときには、オムツを換えたり、ミルクを与えることをしたら、よく寝てくれるかもしれません。

 

さらに大きくなってきて、乳児期でも半年を過ぎていくと、徐々に睡眠時間も減ってきます。起きている時間が長くなってくると、赤ちゃんは生活習慣で睡眠をとりやすくなるのです。

 

赤ちゃんの寝かしつけの方法としては、まわりの環境を整えることが大切でしょう。
夜8時すぎくらいになったら、まわりを暗くして、寝る時間であるということをわからせるようにします。

 

しばらく、それを続けていると、暗くなると眠り、朝明るくなると起きるという生活ができるようになります。

 

また、添い寝をしてあげると、親のぬくもりが感じられて、安心して眠ることができます。
このように、赤ちゃんを寝かしつけるには、コツがあるので、それを実践するといいでしょう。